[官能小説] 熟女の園 熟女と少年
FC2ブログ

思春期の少年 ~外伝 極道の女(後編)~

んん・・・・はぁ、いい味だわ。ますます気に入った」

 ペニスを口から出した留美子さんは精液を飲み込んで嬉しそうに微笑んだ。本当に俺のを飲んで悦んでいる。こんな人が俺みたいなガキのを飲んで嬉しそうにしているのが信じられなかった。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

思春期の少年 ~教師(後編)~

「はぁ、っん!!」

 わずかに先生が唇を開いた瞬間に自分の舌を中へと突入させていく。先生の歯の間をすり抜けてその奥のやわらかい肉の塊がぶつかると、自分の舌を押し付けていった。口内で動く先生の舌と俺の舌がぶつかり合い、押し返そうとする先生の舌をうまく交わして自分の舌を絡めていく。先生の口内から流れ込んでくる口臭はコーヒーと煙草の臭いがした。

続きを読む

思春期の少年 ~教師(前編)~

 15歳にして俺の人生は絶頂期を迎えていた。ついに童貞を捨て女を知ったのだ。しかもすでに二人も体験した。ゴムなし、中出しでだ。同世代でもおそらく一番のヤリチン野郎だろう。

続きを読む

思春期の少年 ~近所のおばさん(後編)~

「ああん、私・・・きもちいい。だめ・・・私も・・・欲しくなっちゃう」

 それは演技なのか本音なのかわからない。でもより一層俺は幸代さんを愛おしく思った。この肉体の全てを欲しい、幸代さんの全てを手に入れたくなった。
 エサに食らい付く獣のように幸代さんにむしゃぶりつき乳房を交互に舐めながら手をそっと下へと下げていった。薄い生地の上を指でなぞっていきさらに下へと向かっていく。幸代さんの股をショーツ越しに触れていった。

続きを読む

思春期の少年 ~近所のおばさん(前編)~

 俺はこの春から高校生になる。入学するのは地元では難関とされる学校でまわりからは無謀だと言われていた。だが俺は現に合格して春からその学校に通うんだ。その学校に入学するために俺は必死になるだけの理由があった。

続きを読む

   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク