[官能小説] 熟女の園 母を守りたい
FC2ブログ

母を守りたい ~第2章 おばあちゃんになった母との交尾~

 病室に戻ると母さんは生まれたばかりの孫の杏奈を抱いて話しかけていた。

「よしよし、いい子。杏奈ちゃんはいい子ね」

 おだやかな表情で杏奈を見つめる母さんはとても幸せそうだった。腕の中の赤ん坊をしっかりと抱きしめている姿はまさに初孫を愛する祖母だ。母性愛というのだろうか、生まれたての命を愛するとても美しい姿だ。赤ん坊を抱く母さんに俺は見とれてしまった。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

母を守りたい ~第2章 兄との軋轢、母の幸せを願う弟~

 2011年7月、梅雨が明けておらずじめじめした日が続いていた。
 兄貴と義姉の間に子供が生まれた。結婚式を挙げたときにはすでに妊娠していたということを後から聞かされて驚いた。できちゃった婚だったという。

続きを読む

母を守りたい ~第2章 若返った女子高生の母~

  カーテンを開けて現れたのはかわいらしい女子高生だった。地元では決して評判の良くない偏差値の低い学校の制服を着て金髪のロングヘアーがなびいている。化粧は濃く、つけまつ毛をした瞳はくっきり二重だ。

 「すごい、母さんがこんなになるなんて」

続きを読む

母を守りたい ~第2章 初めての野外~

「ちょっと誰かに見られるわよ」

「大丈夫だって、深夜二時なんだから」

 「奉仕活動」がひと段落して、バニーガール姿の母さんを部屋の外へと連れ出してしまった。ゆっくりと扉を開けて冷たい空気が肌を刺した。衣装を整えて黒いヒールを履いた母さんが外の空気に晒されていく。もちろん俺は部屋着のTシャツとハーフパンツを着て恥ずかしくないようにしている。

続きを読む

母を守りたい ~第2章 バニーガールの母の奉仕~

 俺と母さんに新しい春がやってきた。二人で迎える初めての春だ。
 週に数回は母さんが俺のアパートへとやって来て泊っている。合鍵を渡してあるので俺が帰宅すると夕食を作って待ってくれていることもある。もちろん夕食が終わればセックスを繰り広げる。

続きを読む

   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク