[官能小説] 熟女の園 血筋 ~息子を慰める母の優しさ~
FC2ブログ

血筋 ~息子を慰める母の優しさ~

母に自慰をしているところ見られてしまい俺の頭の中は真っ白になった。顔に押し当てた母の下着、露出した下半身のペニス、どうやっても言い逃れはできそうにない。母の顔は強張っていた。息子のこんな醜態をみればどこの母親だって怒りたくなるのは間違いない。





「か、母さん・・・これは・・・」

 学年成績一位の頭脳をフル回転させて出た言葉はそれだけだった。手に持っていた母の下着を後ろへと隠して母から目を反らすしかなかった。きっと厳しい罰が待っていることだろう。父同様に俺もこれからは母に蔑まれる存在になるに違いない。

「龍之介」

 俺の名を呼ぶ母の落ち着いた声が聞こえて近づいてくるのがわかった。もう何もかも終わりだ。これからどんな仕打ちが待っているのかなんて考えたくもなかった。

「こんなにして、そんなに母さんで興奮するの?」

 近づいてきた母はそう声をかけて俺のペニスに触れてきた。やわらかい母の手のぬくもり、まさかこんな形で夢が実現するとは思わなかった。でも今はそれを喜べる時ではない。

「ごめんなさい」

「いいのよ。別に怒ってなんてないわ。母さんの下着でこんなことをするのは感心しないわ。母さんでいいなら手伝ってあげるから」

「え?」

 自分の耳を疑ってしまう。厳格な母がこんな姿を見てそんなことを言うなんて思ってもいなかった。キツネにつままれたような気分でいると母は俺のペニスをそっと指で包み込んで上下に手を動かし始めた。

「母さん?いったい何を・・・」

「手伝ってあげるっていったでしょう。もっと気持ち良くさせてあげる」

 母の手に包まれて一度は萎みかけたペニスが再び大きくなっていった。やさしくゆっくりとした手つきで俺のペニスが扱かれていく。自分でするのよりも何倍も気持ちいい。

「あ・・・あっ・・・あぁ・・・」

「こう?これでいいの?」

「う、うん。できればもっと強く握って」

 母はより力を込めて俺のペニスを握って扱いていった。母の方を見ると、母は俺のペニスを見つめながら扱いていた。自分の息子の性器をまじまじと見ながら手を動かしている。不思議な気分だ。母に一番見られたくないところを見られているというのに興奮が昂ってしまう。

「か、母さん気持ちいい。すごくいいよ」

「手の中でビクビク動いてる。出ちゃいそうなの?」

「で、出るって・・・そんなこと母さんの前で」

「いいのよ。龍之介が射精するところ見たいわ」

 今日の母はどうかしているのだろうか。こんなこと絶対に言うはずがない。夢を見ているのだろう。俺が感じるのを母は少し笑みを浮かべて見ていた。射精するところが見たいなんて言われて我慢できるはずがなかった。握られた時から我慢していたものが一気にこみ上げてくる。

「あああ!出る!出るよ!!」

 勢いよく尿道口から白い精液が吹き出して飛び散った。母の目の前で、母にペニスを握られたまま俺は射精してしまった。息子として恥じるべき最低の行為だ。それでも頭の上まで突き抜けるような快感が走って自分でするよりもずっと気持ちいい射精だった。

「たくさん出たわね」

「ごめんなさい。つい・・・」

 ペニスを握っていた母の手にもべったりと白い液体が付いていてペニスから手を離して汚れた手を母はまじまじと見つめていた。

「謝らなくていいの。母さんがさせたんだから。すごいわね、こんなに出して。臭いもすごい」

 自分を貶められるような母の行為、罪悪感もあったがそれ以上にますます興奮してしまった。もう俺の欲求は収まりはしなかった。このままいっそ母とセックスしたくなった。今なら無理やりにでも押し倒してしまいたい。その後のことなんてどうでもいいから母とセックスしたくて堪らない。

「母さん!」

 俺は目の前の母を抱きしめた。女性特有の甘い香りのする母をしっかりと抱きしめて顔の位置を確認すると唇を重ね合わせた。柔らかい感触が唇に当たってくる。生まれて初めてのキス、それも母親とのキスだ。
 抵抗するかと思ったが俺が唇を離すまで母はじっとしていた。そして唇を離しても暴れたりはせず、瞬き一つしないで俺を見つめていた。

「龍之介、そんなに母さんが欲しいの」

「欲しいよ」

「ならセックスしましょう」

 確かにいま母はセックスしましょうと言った。まさかあの母からそんな提案が出るなんて。でも今の母ならそう言ってもおかしくはないのかもしれない。なにかの罠かもしれないが迷う余地なんてなかった。念願の母とのセックスができるのならどんな代償だって払う覚悟だ。

「しよう。母さん、セックスしたい」



 手を包み込む温かい液体、出たばかりの息子精液が指の皺に染み込んできました。初めて間近でみた射精の瞬間、あんなにも激しく噴き出る物だとは知りませんでした。夫は私の体内であんな風に出したのでしょうか。いえ、おそらくもっと弱々しいものだった気がします。
 べったりと指に絡みつく濃厚な液体、濃い香りが立ち込めていてその臭いを嗅ぐだけでさらに私は欲情してしまいます。こんなにもセックスをしたいという気持ちになったのは生まれて初めてかもしれません。心の奥底から沸々と性欲が湧いてきてしまうのです。それも目の前の息子とセックスしたいという気持ちなのです。
 そして恐らく息子もそういう気持ちではないかと思い恐る恐る聞いてみることにしました。

「龍之介、そんなに母さんが欲しいの」

「欲しいよ」

「ならセックスしましょう」

 思い切ってそう言ってみると龍之介は黙り込んでしまいました。さすがに母親にセックスしようなんて言われれば戸惑ってしまうでしょう。むしろ軽蔑したのかもしれません。自分からこんなことをしておきながら私は後悔していました。もはやこれからは母としての威厳を失ってしまいそうです。

「しよう。母さん、セックスしたい」

 おもむろにそう言った龍之介に驚いてしまいました。やはり息子もその気だったのです。私はさっきまでのモヤモヤした気持ちが晴れて軽やかな気分になりました。まるで初恋が実ったかのような気分です。

「龍之介、二人だけの秘密よ」
 
 私は手の精液をティッシュで拭いてから寝巻の帯を解きはじめました。帯を取ってしまうと浴衣の襟が開いていき肌が徐々に露出していきます。龍之介は私の肌を食い入るようにじっと見ていました。寝巻の下は下着も何も身につけていません。今から息子の前で裸になるのだと思うと緊張してしまいます。
 そしてこれから実の息子とセックスをすることになるのです。もはや後には引けません。私は人としての道を踏み外そうとしています。

気に入っていただければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク