[官能小説] 熟女の園 血筋 ~親子の留まることのない欲望~
FC2ブログ

血筋 ~親子の留まることのない欲望~

「あああん!」

 ぐさりとイチモツが体内に入ってきて私は思わず声を上げてしまいました。反り返ったものが私の膣をえぐる様に突き刺さってきます。その様子は私からは見ることはできません。私は両手を突いて犬のように四つん這いになり、龍之介はその後ろから挿入してきているのです。





 私の尻を持つ龍之介の手、そして中へ中へ入るイチモツの感触、目に見えない分その刺激に敏感になってしまいます。そしてこの体勢から入れられたイチモツは普段とはまた違う味わいでした。息子に尻を突き出して入れてと言わんばかりの恰好でいやらしいことこの上ありません。

「母さん、これもいいね。いつも以上にいい!」

「母さんもよ、後ろからされるのも悪くないわ・・・はぁん」

 私は息子との行為を重ねるたびにどんどん性に目覚めてしまいました。もし夫とこんなことをしても私は性に溺れたのでしょうか。いいえ、あの男ではまずそれはないでしょう。相手が愛する自分の息子だからこそ興奮し、身を焼くような熱気に支配されてしまうのです。

「あん、あん、後ろから入れられて犯されてるみたい・・・興奮する」

「俺が母さんを犯してる・・・厳しい母さんを俺が犯して興奮させてるんだ。ほら、もっといくよ!」

 龍之介は後ろから力強くイチモツを打ち付けて出し入れさせてきました。犯されるなんていうことを考えてしまうと私ももっとしてほしくなりました。身も心もめちゃくちゃになってしまうくらいに何もかもを壊して犯されたくなったのです。これまで自分を律してきた反動というべきか、こんないやらしいことに私はよがり、悦んでしまっています。

「はぅぅ・・・いいいぎぎいい・・・母さんをめっちゃくちゃにして・・・犯して」

「いいよ、めちゃくちゃにしてやるから。母さん覚悟してよ!ほら!」

 尻を強く掴んでピストン運動が早くなり荒々しい動きになってきました。私をまるで家畜かなにかのように、性欲の捌け口として扱うような荒い行為にますます興奮してしまいます。「そうよ、そうやって母さんをおもちゃにしてちょうだい」と心の中では悦んでいました。

「母さんさっきから汁がどんどん出てきてるよ。そんなに嬉しいの?」

「はぁはぁ・・・だって気持ちいの、いっぱい感じちゃうの!もっと、もっどぉ!」

 もう全身の血液が沸騰しそうなほど熱くなって、脳も溶けてしまいそうなくらい体中が熱くなっていました。だらだらと大粒の汗が零れおちて布団の上に染みを作っています。それに太ももを伝って私の膣から零れた体液も布団を濡らしていました。



 俺の目の前で母は四つん這いになって尻を突き出して、ペニスを入れられて興奮している。これまでのセックス以上に興奮していた。普段の凛とした姿からは想像できないまるで発情したメス犬のようだ。後ろから突けば声を上げて悦び、自分から腰を振ってくる。

「ああ、母さん堪らないよ。ゾクゾクする・・・こんな母さん見てたら俺おかしくなりそうだ」

「母さんもおかしくなってきてるの。胸の奥から気持ちいいの」

 メス犬となって悦ぶ母を俺はさらに好きになってしまった。血の繋がった親子、同じ種類の人間だったということだ。母がメス犬なら俺も一匹のオス犬となって欲望のままに母を犯しつくしたい。

「あれが・・・突き刺さって・・・もっと奥まで欲しい」

「チンポだよ、母さんあれじゃなくてチンポって言ってみてよ」

「チ、チン・・ポ・・・チンポ奥まで突っ込んで」

 卑猥な言葉を口にする母、なんてそそられるのだろうか。53にもなってチンポ突っ込んでというババアに俺は性欲の限りをぶつけていく。もっと卑猥で下品な姿が見たい。母の心の皮も剥いでしまいたかった。

「母さんのぐちょぐちょマンコ気持ちいいよ。こんなにエロ汁まみれで本当にエロい女なんだね」

「マンコ、エロ汁・・・そうよ、母さんはエロ女なの。息子のチンポ入れられて悦ぶ変態エロ母なの」

 こんな母が見たかった。俺が見たかったいやらしい母が目の前にいる。
 もう俺もオス犬として収まらなくなっていた。

「このエロメス!気持ちいいか?」

 母の尻に向かって手を挙げて思い切り叩きつけた。ビシっと大きな音が響いて母の尻は震えた。

「あんっ!気持ちいい・・・です」

 息子に尻を叩かれたというのに母は気持ちいいと言いだした。もうこいつは尊敬する母親なんかじゃない本性を晒し始めた変態だ。

「もう一回叩いてやろうか、ほら!」

ビシッ

「やん、いいの。叩かれるのもいい!もっと叩いて!罵ってください!」

 ビシッビシッっと幾度となく叩いて母の尻は真っ赤にはれてしまっている。それでも母は叩かれる度に声を上げて悦んだ。そして叩く俺もどんどん楽しくなってきた。

「この変態女が、叩かれて喜ぶなんてとんだ変態だな。ほら、どうなんだ?」

「私はド変態です。叩かれれば叩かれるほど感じてマンコもこんなにグチョグチョです。龍之介にならなにされたっていい」

 母の背中に乗って脇から腕をまわして乳房を掴んだ。俺も母も全身汗まみれで重ね合うと二人の汗が交り合って垂れていった。その汗まみれの首筋を舐めながら乳首を摘まんで揉み、チンポを奥にまで押し込んでいく。

「はぁぁ!龍之介ぇ!はぁんはぁん・・・もっど攻めでぇ!」

「いくらでもしてやるよ、ほら!ほら!ああ、メスの汗はいい匂いだ」

 18の俺と53の母は人の理性を捨てて絡みあった。
 振り返った母の口の中に唾液を垂らすとそれを飲み込んで自分から舌を伸ばしてきて互いの舌を絡ませ合った。

「このまま俺の子供を孕んでくれよ。息子の精子で妊娠しろよ変態母」

「龍之介の精子で・・・妊娠・・・そんな、親子で子供なんて・・・余計興奮するじゃない」

「やっぱりお前はただの変態だ、おら!」

「きゃああ!」

 後ろから強く突くと母は体勢を崩して布団の上に突っ伏してしまった。そのまま俺は離すことなく脚を絡ませて母を逃すまいと身体を密着させた。

「子作り交尾だ。母と息子の交尾だ!おらおら!」

「親子交尾ぃぃ・・・だめええ、もう・・・だめ!」

 俺ももう限界が近かった。このまま出して本当に母が妊娠したらと想像するとますます出したくなってきた。オスとしての本能が交尾して子供をつくれといっている。たとえ相手が母親であろうがその欲望はお構いなしだ。

「イクイク・・・マンコ逝っちゃうぅぅぅ!!ふぎいいいい!!!」

 母は全身を痙攣させて壊れたロボットのようになっていた。ついにおかしくなってしまったのだろうかと思った。繋がった割れ目からは大量の液が垂れ流れている。まるで漏らしたかのように大量に出て布団を濡らしていく。
 ああ、これが潮吹き逝きなんだと理解した。母を極限まで快感を与えて逝かせてしまったのだ。この下品な女を支配に置いたと感じた瞬間だった。そしてこいつなら俺の子を産ませるのにふさわしい女だと本能も理解した。

「ううぅ、いくぞ!変態、子宮にザーメンぶち込んでやるから妊娠しろよ!」

 思い切り力んでチンポから精子が吐き出されていった。意識を失ってしまいそうなほどの強い射精感でこれまでにないくらい大量に出ていく。俺を育んだ母の子宮に向かって新たな子種が注ぎこまれていっている。53の母が本当に妊娠するかはわからない。でもそうしたかった。

「はぁはぁ・・・母さん」

「龍之介・・・気持ち良すぎ」

 俺は母をもっと自分好みの変態女にしてやるつもりだ。きっと母もそれで悦ぶに違いない。なぜなら俺たちは親子、同じ血が流れているのだから。


気に入っていただければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
月別アーカイブ
タグ

40代 母子相姦 時代物 60代 祖母 50代 黒人 野外 熟女と少年 近親相姦 フェラ 獣交尾 オナニー 恋人セックス 子作りセックス 70代 寝取り コスプレ 中世 放尿 レイプ 潮吹き 子作り アナル 和姦 ケバ 非エロ 野獣交尾 人前 童貞喪失 筆おろし 主婦 未亡人 露出 変貌 SF 乱交 初セックス スパンキング 69 非熟女 複数人 レズ NTR 初体験 叔母 アナルセックス 逆レイプ 母乳 妊婦 夫婦セックス 剃毛 廃墟 外出先 結婚式 着物 童貞 公開ショー 浮気 公開 3P 80代 手コキ 結婚 精子ぶっかけ ショー 覗き見 30代 喪服 子づくりセックス キメセク 複数 切ない 覗き 罵り 愛撫  公開プレイ 3P トイレ 調教 不倫 熟女 

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
785位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
27位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク