[官能小説] 熟女の園 鬼と虎 ~秘密の場所で危険な行為~
FC2ブログ

鬼と虎 ~秘密の場所で危険な行為~

片山ツバサ(18) 身長175cm髪は長くやや茶髪で右耳にピアスをしている不良生徒
今里小百合(52) 身長158cmCカップ、髪はショートで薄化粧に眼鏡の小煩い教師



「ほら、早く中に入って」

「でも・・・」

「誰か来る前に早く!」

 ツバサに急かされて私は目の前の部屋の中に入りました。





「ここでなら気軽に二人になれるな」

「でもあまり使いたくないわね」

 個室に入り、ツバサはガチャリと鍵をかけました。ひと一人分の広さしかなく二人ではちょっと狭い空間です。私たちはいま、男子トイレの個室に二人で入っているのです。
 気軽に二人っきりになれる方法を思いついたというツバサからメッセージが届いて昼休みにやってきてのがこのトイレです。昼休みはほとんどの生徒が1階に降りるため、最上階、3階は人が少ないのです。その時間にタイミングを見計らって二人で中に入りました。

「そうか?ちょっとスリルがあって楽しくないか?」

 ツバサはなんだか楽しそうでした。若いからこういうスリルを求めているのかもしれません。私は楽しいかというよりも見つからないかとドキドキしていました。
 ソワソワしている私にツバサがキスをしてきました。

「大丈夫だって。俺と一緒なんだぜ」

 何の根拠もないのにそういわれると少しほっとしてしまいました。一人だけじゃなく誰かが一緒、それも大好きな人と一緒というのは安心するものです。
 
「そうね。ツバサが一緒だもの」

 ツバサを抱きしめてキスをしました。今度は舌を絡ませた濃厚なものです。食後の口内はいろんな味がして二人の食べたものが口の中で混じり合っていきました。

「ツバサ、タバコ吸ったわね」

「ん、ばれたか・・・さっきね。ちゃんと吸い殻は片づけたから大丈夫」

「ならオッケー。んん・・・」

 ツバサはブラウスの上から私の胸を揉んできました。服越しでもツバサの手だということが私にはわかります。誰よりも私を上手に揉めるのはこの手だけです。
 私はツバサの股間を揉みました。もうズボンの上からでもわかるくらい大きくなっていて揉んでいくとさらに硬くなっていきました。

「そんなにされたら我慢できない」

「なら手じゃなくてもっと気持ちいいことしてあげる」

 私はしゃがみこんでズボンのチャックを開けてボクサーパンツを下げました。すると元気よくペニスが顔を出しました。もうカチカチになっています。

「おいしそうなチンポ・・・」

 私は口を大きく開けてツバサのペニスを口の中へと入れました。ディープキスでベトベトの口内でペニスに吸いついて頭をゆっくりと前後に動かしました。舌を裏に当ててじっくりと時間をかけて舐めていきます。

「さ、小百合・・・」

 ツバサは小声でそうささやいて見上げると私を見下ろしたツバサと目があいました。私は微笑んで見せつけるようにゆっくりと頭を動かし、それから口から出して舌をペニス全体に這わせました。できるだけいやらしく目で楽しんでもらえるように心がけて舐めました。

「小百合、そんなことされたらもうお前の顔にぶっかけそうだ」

「それは困るわ。出すならこの下の便器か、私のマンコ・・・どっちがいい?」

「そんなの決まってるじゃないか」


 私は壁に手をついてスカートを上げ、ストッキングとショーツを膝まで下げました。

「こんなところで小百合とできるなんて興奮する。ふぅ・・・」

「あぁ・・・」

 私の中にツバサの硬いペニスが入ってきます。男子トイレの中で愛する生徒と繋がっているのです。まるで犯されてるみたいで興奮してしまいます。

「あん、いい!はぁぁ!」

「だめだぞ、そんなに声出したら外に聞こえる」

 そうでした。ここは男子トイレなのです。こんなところを生徒に見つかったら私の威厳、いえ教師人生はもう終わりです。できるだけ我慢して声を上げないように努めながらツバサを受け止めました。

「小百合、気持ちいいか?」

「気持ちいい、興奮する。まるで犯されてるみたいで」

「ああ、俺も犯してるみたいで興奮するよ。ほら!」

「はぁ!!・・・ぅぅぅ」

 必死に声をかみ殺して快感に耐えました。それに対してツバサはガンガン突いてきます。私がどこまで耐えられるのかを試すかのようです。
 そんな時、ふと小部屋の外から声が聞こえました。

「ったく、午後の現文だりーな」

「もう俺、現文捨ててるからどうでもいーし」

 何人かの生徒たちがトイレに入ってきたのです。一気に緊張が高まりました。もし、なにかの拍子に気が付かれたら一巻の終わりです。

「・・・バサ・・・・ツバサ・・・やめて、外に人がいる」

 小声で囁きましたがツバサは聞こえてないかのようにニヤリとして腰を振り続けました。

「でも現文は今里のババアだぜ。寝てたら殺されるぞ」

「そうだったな。あの鬼ババはこえーからな。なんでいつもあんなにうるせーんだよ」

「きっと家で旦那に相手してもらえなくて欲求不満だからじゃないか?」

「それだ。あんなババアに迫られたらどんな男でも萎えるだろ」

 その本人が真後ろの個室にいるというのに言いたい放題のことを言っています。確かに夫とはしばらくしていませんが、あなた達の真後ろでツバサにバックから疲れていることを知ったらどんな反応をするでしょうか。
 ツバサも会話を聞きながら私へのピストンをさらに早めました。

「お前、現文の評価上げてもらえるって言われたらあのババアとやれるか?」

「無理無理。あんなの女のうちに入らねーよ」

「そうだよな!」

 彼らは楽しそうに笑っていますがこっちは喘ぎ声を殺すので必死です。額から大粒の脂汗が流れました。もういつ気を抜いたら声が出るかわかりません。私は必死に耐えました。でも一瞬呼吸をした瞬間に出てしまったのです。

「あん・・・」

 これは彼らにも確実に聞こえたはずです。トイレに響くくらいの声でした。

「なんだ今の?」

「もしかしてここでだれかやってんじゃね?」

 外の生徒たちが騒ぎ始めました。個室は上から覗けますから覗かれればもう終わりです。片手で必死に口を押えながら私は耐えました。そしてどうか見つからないようにと祈りました。

「おい、このドアだけ鍵がかかってるぞ。ここだ。ちょっと誰と誰がやってんのか見てみようぜ」

 もう終わりです。これですべてが終わったと思いました。なのにツバサは平然と私と繋がったままです。それをもしかして見せたいのでしょうか。心臓が壊れそうなくらい鼓動を強く打って覗かれる瞬間を待っていました。

 その時、大きなチャイムが建物中に響き渡りました。

「ち、授業だ。早く戻らねーと今里が来るぞ!」

 彼らはあっという間にトイレから去っていきました。自分が鬼教師であるゆえに遅刻を恐れて飛んで戻っていったのです。
 間一髪助かりました。

「はぁはぁ、どうなるかとおもった・・・はひゃああ!」

 私の中へドクドクとツバサが射精しました。

「小百合、緊張したらどんどん締め付けてきて気持ちよくて我慢するの大変だったんだぞ」

 ツバサは私の中に出し終えると自分のペニスを抜いて残り汁とティッシュペーパーで拭いてパンツの中に収めました。

「どうだ、こういうのも悪くないだろ?」

「もうツバサったら・・・すごく怖かったわ。でもたまにはいいわね」

 それから私も服装を戻して化粧を整えて大急ぎで職員室に戻りました。

「今里先生、どこいってたんですか?それになんだか汗かいてますね」

「ええ、ここに来る途中で素行の悪い生徒を見つけたもんだから指導してたの」

 それがどんな指導だったかは教えるつもりはありません。


気に入っていただければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

ツバサと小百合、ラブラブでとてもいいですね。2人が結婚できたらいいと思います。続編を楽しみにしています。

ツバサ君がタバコを吸っても人前では怒るけど二人きりの時にタバコを吸っても怒らない小百合先生は好きです。
ツバサ君と小百合先生が愛し合う姿が色っぽくて好きです。ツバサ小百合とお互いが呼び捨てにして愛し合うのが好きです。
小百合先生がツバサの子供がほしいって言うようになるのかななんて今想像してます。続き早く読みたいです。

小百合先生がツバサ君と二人きりの時に見せる姿が好きです。小百合先生はツバサ君と二人きりの時は怒らない先生なんですね。そんな小百合先生が好きです。他の生徒の前ではツバサ君を怒っても二人きりの時には怒らなくてツバサ君を可愛がってる小百合先生が好きです。
小百合先生はツバサ君をどんどん可愛がっていくようになるのかななんて今想像してます。小百合先生がどんな先生にツバサ君と二人きりの時になっていくのか楽しみです。

ツバサ君が小百合先生に甘えて小百合先生に優しくして大事にして愛してる姿を想像してます。

No title

小百合先生の容姿、性格、特に髪はショートで薄化粧に眼鏡
が私好みです。
放課後の教室で教師であることを忘れて女になる小百合先生。
覗き見されて欲しいですね。
出来たら二人も覗かれていることを意識して興奮して・・・

ツバサ君と愛し合ううちに小百合先生は茶髪にしてピアスもして見た目もだんだん変わっていくのかななんて想像してます。どんな先生になっていくのか小百合先生が楽しみです。

Re: タイトルなし

ツバサと愛し合ううちに染まっていく(堕ちていく)小百合。あまり見た目が露骨に変わるのは教師生命に関わるので見えないところから染まっていくくようにしようと思います

小百合先生がどんな風に染まってくのか楽しみです。
   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
タグ

母子相姦 40代 時代物 60代 50代 祖母 黒人 野外 熟女と少年 フェラ 恋人セックス 近親相姦 獣交尾 子作りセックス オナニー コスプレ 70代 寝取り 中世 放尿 潮吹き レイプ ケバ 子作り 和姦 アナル 露出 野獣交尾 69 非エロ 主婦 夫婦セックス NTR 人前 筆おろし 童貞喪失 スパンキング 未亡人 変貌 SF アナルセックス 初セックス 乱交 逆レイプ 非熟女 レズ 初体験 80代 複数人 妊婦 義母 叔母 覗き 剃毛 結婚式 母乳 手コキ 外出先 パイズリ 3P 廃墟 公開 着物 童貞 浮気 公開ショー トイレ  3P こいびと 婚約 足コキ フロ 30代 教師 処女喪失 夫婦 非セックス 少年 一人語り 夜這い ペインティング 覗き見 喪服 調教 切ない 不倫 青年と熟女 罵り 公開プレイ 熟女 キメセク ショー 子づくりセックス 複数 結婚 精子ぶっかけ 愛撫 

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク