[官能小説] 熟女の園 血縁 ~性に目覚めた義母~
FC2ブログ

血縁 ~性に目覚めた義母~

 俺の女に堕ちた義母はもう普段の冷徹な面影は残っていなかった。自分から肉欲を求め、声を上げて喘ぎ、そして逝く。今まで俺を邪険にあしらっていた義母がこんな風になって俺は満足だった。52とはいえその身体を俺は堪能することにした。






「お義母さん気持ちいい。もっとしっかりしゃぶってください」

「ええ、わかったわ。あんなに出したっていうのにまたこんなに硬くなっててすごいわね」

 義母は俺のペニスを口へと入れてフェラをしてくれている。とても上手くて出し終えたばかりだというのに俺のはあっという間に硬くなっていった。まさかこれほど慣れているとは思わなかった。

「お義母さん、こんなに上手いってことは相当お義父さんと楽しんだんですね?」

「え、そうじゃないの。あの人なかなか立たないから私がこうして手伝ってあげないといけなかったのよ。全く手間のかかる人だったわ」

 そう言いながらペニスに手を添えて舌を伸ばして舐めていた。精液まみれだったペニスがもう綺麗にふき取られている。義母の唾液で輝いていた。

「なら俺のをしゃぶるのは嫌ですか?」

「いえ、そんなことないわ。この硬いので突かれるんだと思うと興奮してくるの。また欲しいわ。いいでしょう、もう一回したいの」

 義母は上目使いでおねだりをしながらしゃぶりついてきた。なんといやらしい女になったんだろう。その仕草は娼婦のようで俺も興奮してしまう。
 だが、ここできっちり義母を躾けておかなければいけない。

「玉も舐めてくださいね」

「そこは舐める必要ないでしょう」

「中に入っている大事な子種が欲しいんでしょう。ならその子種を敬って舐めてみせてください。その方が子種も喜びます」

 義母は流石に躊躇したようだ。その義母に早く舐めろとけしかけると渋々舌を伸ばしてきた。毛に埋もれた大きな玉袋に義母の舌が触れてきた。生暖かいその感触が何とも言えない心地よさだ。

「もっとちゃんと舐めてください。舌をしっかり当てて…皺の間まで舐めて」

「こ、こう?」

 義母は俺の方を見ながら様子を窺うように舌を当てていった。まるで犬のように俺の玉をペロペロと舐めている。その姿は見物だった。昼間まではあんなにも俺を見下していた女が夜には俺の玉を舐めているのだ。男として興奮しないわけがない。

「そのままチンポを扱いてください」

 少しづつ要求を釣り上げていき義母を淫らな女へと変えていった。竿を扱きながら玉を舐め、さらには玉を口に入れてしゃぶらせた。左右の玉を交互にしゃぶっていてもうその行為に対する抵抗はないようだ。

「すっかり上手に玉をしゃぶれるようになりましたね」

「別に汚いものじゃないもの。それにこうするとチンポがビクビク手の中で震えててあなたが感じてるのが分かるわ。こういうのがいいのね」

 意外とこの女は好き物なのかもしれない。手コキも悪くなく俺のを握りしめて上下に振り動かしていた。ますます俺は義母のことを気に入った。実は玉を舐めてもらうなんてはじめてのことだった。だから玉に当たる舌の刺激に徐々に耐えられなくなってきた。
 こうなったらアレをしてやろうと思った。

「お、お義母さん。舐めるのをやめて、手も放してください」

「もういいの?こんなになってるのに?」

「は、早く!」

 もう我慢の限界だった。手と口を離した義母の顔に向かって俺は思い切り射精した。勢いよく白い精液が噴出して義母の顔に降りかかっていく。崩れていた化粧の上にべっとりと白い精液が吹き付けられていった。
 気高い義母の顔が見事に精液まみれになって汚れていた。

「あー、我慢できなくて間に合わなあったんですよー。すみません、お義母さん」

「啓一・・・あなたという人は・・・」

「どうですか?大好きな精液の匂いに包まれた気分は?」

 それ以上義母は反論してこなかった。顔にかけられた精液を拭い匂いを嗅いでいるうちに酔ったような表情を浮かべてきた。どうも本当に精液の匂いで感じてしまったようだ。
 指で拭った精液を口へと運んで舐めていた。その卑猥な姿を見ると俺もまた立ってきた。俺が求める以上にいやらしい女だ。そんないやらしい義母に惹かれていった。


「あああ!いいいい!!」

「お義母さん!!」

 お義母さんは犬のように四つん這いになって尻をこっちに向けている。白い肌は汗ばんでいて大きなお尻を掴んで俺はペニスをぶち込んでいた。3回ももう逝ったというのに今日の俺のペニスはまだまだ元気だった。

「後ろからもいいですね!お義母さん・・・ベトベトのマンコ気持ちいい」

「いいわ、あんっ!後ろからもいいっ!もっと・・・もっと突いて!」

 部屋に響き渡る義母の叫び声、それにつられる様に俺はガツンと思い切り腰をぶつけて突いていった。纏めていた髪は乱れてぶつけた瞬間に頭を振って大きく長い髪が波を打つ。

「そう!それいい!もっと私のマンコの奥までガンガン突いてぇ!」

「わかりました。お義母さん行きますよ!」

 俺は勢いよく後ろから腰をぶつけていった。義母は全身を波打たせてぶつかるたびに低い悲鳴のような声を上げ、俺を受け止めている。

「ふんぐうううぅ!いい!いいわ!・・・あんっ!たまんない!!」

「はぁはぁ!義母さん!・・・・マジ最高!」

 互いに獣のように肉体をぶつけ合い、腰を打ち付けるとバチンと大きな音を立て、割れ目から液が滴り落ちた。義母は締め付けてきてもっとしてくれと言っている。

「気持ちいいのか、おい・・・ほら!これでどうだ!」

 またまた強く後ろから腰をぶつけていった。ペニスの先端が熱い肉にぶつかっていく。

「あああ!そ、そう!それ・・・だめ、気持ちよすぎて・・・あぁ!」

「こんなやらしい姿を麗子にも見せてやりたかったぜ。お前の尊敬する母は変態だってな」

「そ、そんなことやめて・・・だめ、想像したら逝っちゃう!」

 もう感情を引き止めるものはなくなり義母は俺に貫かれながら割れ目からだらだらと汁と大量に垂らして逝ってしまった。それでも俺は止めはしなかった。そのまま腰を振り続けた。

「そうだ、このまま連続逝きするんだ。ほらいくぞ!」

「だ、だめ・・もう・・・ひぃん!」

 俺は義母の尻に向かって平手を思い切り打ち付けた。バチンと部屋には尻が打たれた音が響いた。

「ほら、もう一回力を入れてるんだ。ほら!ほら!」

 義母に向かって何度も尻を叩いた。まさかこんなことができる日が来るなんて夢にも思っていたなった。普通なら怒られて当然だ。だが今の義母の反応は違った。

「ひん!だめ、叩かれたら尻が揺れて感じる・・・だめ、あん!」

「この変態ババアが!」

 またバシンといい音が響いた。すると義母は気持ちよさそうな声を上げて悦んでいた。その声を聞くと俺もより一層興奮してしまう。これまで苦手だった義母だったがこうして男と女としては俺たちは相性がいいのかもしれない。きっと互いにどうしようもないくらいに変態なのだ。

「はぁはぁ、いいぞ!お義母さんのこと気に入りました」

「私も・・・啓一さんとセックスするの好き・・・こんなのはじめて」

 義母の背中に身体を重ねて脇の下から腕をまわし乳房を揉んだ。冬だというのにお互いサウナに入ったかのように汗まみれの肉体をぶつけ合っている。
 俺の方を振り返った義母は化粧も落ちて普段の気品や気高さは微塵も感じれなかった。ただの女、欲望に溺れたメスの顔をしていた。

「このまま俺の女になってくれ。お前の為なら俺はいくらでも子づくりするぞ!」

「啓一ぃ、あなたって・・・最高!おんおん!こうやってマンコぐちょぐちょにさせてぇ。でっかいチンポで突きまくって!」

 義母とキスをした舌を絡ませて口の間から唾液がどんどん垂れている。俺も義母ももうどうしようもないくらいセックスに溺れていた。亡き義父や妻には悪いが義母はおれが貰うことにする。この女も家もすべて俺のものだ。

「昭子!いくぞ、お前のマンコにたっぷり出してやるぞ!」

 ついに俺は義母は名前で呼び捨てにした。目の前にいるのは亡き妻の母ではなく俺と子づくりするただの女だ、俺の女だ。熱した互いの肉体を重ね合わせて汗を散らしながらペニスを奥へと突っ込んだ。

「昭子の奥に・・・出すぞ!いいか、昭子!」

「ああ・・・は、はぁい!啓一!」

「う!!うおおおお!!」


 52の変態マゾ女の中に25の俺の精液がドクドクと吐き出されていく。これはセックスなんかじゃなく獣の交尾そのものだ。理性のない獣となって俺は出しまくった。

「来てる!熱いのがいっぱい・・・奥に入ってきてるぅ!!」

 義母は絶叫してまるで感電したかのように身体を震わせていた。そして大量に股から汁が流れ出ていく。潮を吹いて逝ってしまったのだ。
 頭の中は真っ白でしばらく意識がなかった。義母と互いに逝ってしまい、そのまま抱き合って二人の体液でベトベトになった布団の上に倒れ込んだ。意識がもどってもしばらく繋がったまま抱き合っていた。

「子供ができるのを楽しみにしてますよ。お義母さん」

 俺はこの時、本当に子供ができてもいいと思ってしまっていた。それはこの家の為などではなくオスの本能としてこのメスに種付けしたいという本能からだろう。
 どうであれ俺はもう義母に対して頭が上がらない日々を卒業することになった。


気に入っていただければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一夜にして立場が逆転。
義母昭子の52歳の身体を堪能して義母の望みどおり子種を授けてやる。良いですね。
   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク