[官能小説] 熟女の園 あなたの好きな母子相姦は?
FC2ブログ

あなたの好きな母子相姦は?

久しぶりにアンケートをしようと思います。
今回は熟女もので一番人気の母子相姦に限ったないようです。
投票とコメント(貴方の欲望のままの濃い内容)お待ちしてます!

気に入っていただければクリックをお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しみにしています。次のあらすじはいかがでしょうか?

案1
昔、儒教主義の封建国家で、寡婦となった母親から突然愛を告げられ、びっくりする息子。倫理観と母親の魅力の間で葛藤するが、「母親を幸せにすることこそ孝の極地であり、儒教の精神にかなう」と考え、遂に母親の愛を受け入れる。母親は再度妊娠し、男児を産んだ。

案2
落城寸前の城で、15歳の独身城主が切腹しようとした。そこへ、城内唯一の女性である城主の母(31歳)がかけよって息子の刀を奪い、「切腹なさる前に何としても子孫を残すのです。さあ、今すぐこの母を抱きなさい。」と言って息子に迫る。息子はびっくりするものの、女丈夫の母の気迫に屈して関係を結ぶ。その後、1か月間、母親の奮戦もあり、何とか持ちこたえた。夜は毎日交尾した。妊娠が判明してから敵に降伏する。城主以下男性武将は殺されてしまったが、城主の母は女性ということで助命され、尼寺に入れられた。その後、彼女は尼寺で密かに息子の息子を産んだ。16年後、彼女は息子(=孫)と結ばれ、共に敵を倒す。

No title

いつも素敵な作品ありがとうございます。母子相姦物としては、下記の設定も考えてみました。

【生き別れ+年齢サバ読み】
15歳サバを読んで店で働いていた女性(実年齢38歳)の前に、ある日20歳の好青年が現れ、鯉に落ちる。相思相愛となった女性は、青年に本当の年齢を告げる。青年は、ほぼ同世代の女性と交際していたつもりだったので、びっくりしたが、熟女の魅力にはまっていった。やがて、女性は彼氏の子を妊娠するが、昔話をしている間に実は彼氏が20年前に生き別れた息子であることに気づく。
最初はごく普通の恋愛小説のようにはじまり、後半母子相姦が判明する展開です。

【結婚式】
母子結婚の結婚式で、新婦と新郎が母子であることを示唆するフレーズがあるのもいいです。
「新婦と新郎が初めて出会ったのは20年前、新婦が新郎を出産なさったときでございます」(司会のセリフ)
「私が今日結婚式を挙げられるのは、妻が私を産み育ててくれたおかげです。」(新郎のセリフ)
「某君、私にもう一度白無垢を着させてくれてありがとう。。20年間の子育ての苦労が今日報われました。次は早く孫の顔が見たいです!」(新婦のセリフ)

No title

いつも楽しみにしています。
母子物としては、「ラスト・リゾート」の逆バージョンも面白いと思います。この場合、新郎と母親ではなく、新婦のみが生き残る展開です。無人島に漂着した後、一人で生活していきますが、やがて妊娠に気づき、男児を生みます。彼女は一人で息子を育て、息子が15歳になったときに、息子に迫って母子夫婦となる展開です。息子を育てる中で、母親が徐々に息子に男を感じていきます。

Re: No title

コメントありがとうございます。
シングルマザーの家庭で息子に母が欲情していくという感じでいかがでしょうか?

No title

9月13日にコメントした者です。ご回答ありがとうございます。確かにシングルマザーですね。立派な男子に育てようと奮闘している間に、自分自身が息子に欲情してしまうという展開になりそうですね。これからも楽しみにしています。

No title

いつも楽しみにしています。2018-08-01の案2の補足です。女性は2人目の息子(=孫)と共に仇敵を倒した後、2人目の息子(=孫)を城主の座に就かせ、その奥方となります。そして、アラフィフで彼の子を出産します。最初の落城の際、敵方が「母親が息子城主の子を妊娠している」ということに気づかなかったのが、敵方にとっては不運だったということになります。

No title

いつも素敵な作品をありがとうございます。次の趣向はいかがでしょうか。

「俺より1コでも年が上の女は眼中にない!」が口癖の筋金入りの典型的な若いギャル好きの若者20歳。ある時、スイミングスクールのインストラクターのバイトで長期間80歳の老婆を指導することになってしまった。初めは老婆の水着姿は見るのも嫌だったが、段々見慣れてきて最後は何も思わなくなった。その後、夏休みに46歳の母親と海水浴に行った。母親の水着姿を見たとき、それが若々しく見え、激しく欲情してしまう。

老婆の水着姿に見慣れることで、相対的に母親が若々しく見え、母親の魅力に気づくという展開です。

No title

いつも楽しみにしています。
次のあらすじはいかがでしょうか。

20歳の息子が彼女を40代の美しい母親に紹介した。彼女が帰った後、息子は、「あのコとすぐに結婚したい。」という。母親は、「あなたはまだ若いから結婚は早すぎるわよ。」という。息子は、「どうしても今すぐしたい。」と食い下がった。母親は、「まだ早いと思うけど、どうしてもというなら、母さんと真剣に相撲して、あなたが勝ったら、あなたたちの結婚を認めてあげるわ。」という。そして、母子相撲が始まった。息子は、母親は所詮女だから、自分が本気を出せば簡単に勝てるだろうと思っていた。ところが、実際は母親は息子より圧倒的に力が強く、息子をゆっくりゆっくり押し倒してしまった。息子のペニスは勃起していた。母子は肉体の激しい接触により互いを異性として認識してしまい、息子は彼女と別れて母親と結ばれる。

初めまして

直接での展開ではないんですけど他に場所がなかったんで以前から空想していた展開を書き込ませて頂こうと思います。一昨年4月週刊紙がきっかで思いついた展開で四十代後半萬田久子か片平なぎさが母だとして


続き

あくまでも登場人物母モデルだとして一人息子が大学に入学後に母が二回り以上若そうである男性と外で密着している場面を目撃すればと

Re: 続き

コメントありがとうございます。
実在の人を使用するのは問題になるかもしれませんからあくまで読者様がイメージを重ねてという形でお願いしたいと思っています。

No title

いつも楽しみにしています。
新王の母親(30代後半から40代くらい)が、若い王を補佐するために、形式的に再度王妃になるという展開も見てみたいです。初めは経験不足の新王を純粋に助けたい一心でしぶしぶ王妃になりますが、夫婦の立場での会話を繰り返したり、意地悪な大臣に共同で立ち向かっていく中で、男女の愛が芽生えていきます。やがて、母親は、王妃が本来果たすべき務めに目覚めていきます。
日本が舞台の場合は、将軍と御台所の関係でも良いと思います。

最近だと風貌等が某ドクターX主演で一人息子が大学入学をきっかけに下宿先から戻ると。外へ用事かある母が肌を露出を目撃。説明が難しさを感じますけど

そして母が仕事上パーティー後にワンナイトをする前後に遭遇。

いわゆる再会した母がエロくなっていた展開で

No title

いつも楽しみにしています。次の展開はいかがでしょうか。

彼女に振られて激しく落ち込んでいる息子を見かねた母親が、息子を何とかなぐさめようとして、「母さんでよかったら、彼女の代わりに母さんが1回だけデートしてあげてもいいわよ。」と疑似デートに誘う。試しに1回疑似デートしてみると、思っていたより楽しかったので、何度もデートしてしまううちに、互いに相手を異性としてみてしまう。

No title

いつも楽しみにしています。背が高くてスポーツが得意なお母さんと奥手な息子の関係も見てみたいです。お母さんが大人しい息子さんをスポーツに誘って、一緒にスポーツを楽しむうちに、互いを異性として意識してしまう展開です。息子から見て、少し見上げる感じのお母さんというのも、「母親」といういいと思います。

No title

いつも楽しみにしています。
戦国時代の話で、生き別れた母子が戦場で出会うという展開はいかがでしょうか。
武芸に秀でた40歳くらいの熟女武将が、敵の若い華奢な武士と遭遇し組討ちを行います。力に勝る熟女が敵の若者を倒し、討ち取ろうとしたところ、彼が生き別れた息子であることに気づきます。そして、親子であることを知らせて、彼を助命し、2人で戦場を離脱し、人里離れた山中に逃れます。息子が女性を知らずに生涯を終えそうなことを不憫に思った母親が、武芸の鍛錬にかこつけて誘惑して結ばれ、息子の子を産む展開です。

No title

いつも楽しみにしています。
若い国王が経験不足のため、それを補佐するため、母親(40歳くらい)が形式的に王妃に就任する話もみたいです。王妃(=実母)は、息子王に対して王妃らしく敬語を使い、息子の政務を懸命に補佐します。その一方で、息子が失敗した時は、心を鬼にして敬語で厳しく叱りつけます。そして、びんたして母子が触れ合った時に、成長した息子に男を感じて押し倒してしまう展開です。
母親が息子王に王妃らしく振舞っているうちに、徐々に息子の妻になったような気持ちになり、王妃本来の役目(=王の跡継ぎを産むこと)を自覚する展開です。
これからも楽しみにしています。

No title

いつも楽しみにしています。
4月13日に投稿した者です。

王妃(=実母)が息子王を誘惑するタイミングとしては、息子王が側室に若い娘を迎えたがったタイミングも考えられますね。
王妃に「若い娘なんかに息子を取られたくない。」という気持ちが芽生え、「陛下はまだお若いから焦らないで。」などと言いながら側室を断念させます。そして、その夜、息子を誘惑し、「王妃である母さんが陛下の子を生んであげるから、母さんの中に思いっきり出しなさい。」と息子に迫っていく展開です。
   ※注意※
性的内容が含まれています。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。 無断転載は禁止です。
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
最新コメント
アンケート
リンク